プロフィール

mukku12

Author:mukku12
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/29女房来訪

東大洲にサツマイモとピーナッツの収穫するために10/29に行くことにした。女房も滋賀から掘り起こしに参加したいというのでJR伊予大洲で待ち合わせることにした。朝5時に起き、6時に滋賀の女房を電話で起こし、切符やお金を忘れぬよう言い含めた後、私は車で東大洲へ向け、出発した。台風が近づいていると言うが都合良く晴れた。6時30分頃、大洲の畑に到着した。草が某々でどこにサツマイモ芋畑があるか、ピーナツがあるかわからないくらいである。
サツマイモを掘り起こすためにまず、蔓を取り除く作業に入った。ところどころ、何か獣にやられたようで枯れた部分もある。女房用に一部を残し、4畝の蔓を取り除いた。
imo1029.jpg
部分的に、大きい物も入っていたが、去年に比べると半分くらいにの収穫であった。まあ、今年は途中で御荘に移ってしまい、管理もままならずやもうえないとおもってあきらめるしかない。女房もがっかりすることだろう。
ひととおり、サツマイモを起こしたところで、ピーナッツの掘り起こし作業に移った。ピーナッツの葉は青くて元気が良かったがところどころにピーナッツの食べかすがころがっており、掘り起こすと案の定、全く実が付いてない。全滅だ。残っているのは未熟な実ばかりでがっかりした。
隣の畑でカブの収穫作業をされているかたがいたので、気分直しに雑談をしにいった。夫婦2人で掘り起こしをされていた。その後、旦那が葉をおとしカブのヒゲ根を切り落とし、奥さんが葉っぱを箱につめていた。漬物屋に卸しているという。漬物屋の場合は1株いくらで割がいいが、スーパーはもってこいとさかんに言うがいっぱひとからげで1箱いくらで買いたたくので作りがないという。カブの皮をむき、葉を良く洗い、両方とも塩でもみ、洗った後、お酢とと砂糖を加えると美味しいおつけ物になるという。その言葉に載せられ1株いくらかというと30円という。1箱に詰めてもらい600円で買うことにした。少しおまけを入れておいたという。
kabu1029.jpg
その後、サツマイモも半乾きになったので箱に詰め始めたが、2箱にしかならない。1箱は滋賀に、もう1つは女房の親のいる京都宇治に宅急便で発送した後、久しぶりに東大洲店に行った。
Iさんは接客中で、Kさんが休憩中でいつものとおり元気がよい。IWさんは私が異動するときはまだ入社2ヵ月くらいだったが、今はもう慣れた様子で、ご主人が入院中にもかかわらず明るかった。聞くところによると、男性のM君も頼りになる存在に育っているとのこと。人は信頼して育つものと思う。
Dさん、結婚後、名前が変わってSIさんは昼からの勤務に備えて11時30分頃、やってきた。新婚さんで楽しく生活している様子で安心した。
新たに40歳くらいの男の方が新しく入られたようで、レジ作業をされていた。
店長も競争が激しく、大変なようだ。どこの店長も毎日、気が休まるヒマがなくかわいそう。
店で過ごしていると女房を迎える時間が来たのでJR大洲駅へ向かった。JRは遅れることもなく、午前11時56分に到着し、元気良く女房が降りてきた。昼飯を食べに行こうというと、天気がいいし弁当とお茶を買って畑で食べようという。駅前のスーパーバリューで買い求め畑に向かう。
日差しがきつく、隣の畑の川べりの竹藪で日差しが遮られたTさんが作ったベンチにかけて食事をすることにした。
食事をしていると運良くTさんが来た。缶コーヒーを2つくれる。私もお返しにパンとお茶をさし出す。Tさんに私のやっていた畑をついでもらうことになっている。Tさんは私の会社の松山で店長をやっているUさんのおじさんにあたる(Uさんのお母さんの弟にあたる)。
Tさんの畑は草もはやさず、野菜も元気良く育っている。キャベツを3つ収穫しいただいた。

残りのサツマイモを女房と一緒に収穫し、Tさんともなごりをおしみつつ御荘へ向かって東大洲をあとにした。途中、津島の道の駅と須の川で途中下車。津島ではタマネギの苗200株を買う。津島のてにゃわんやのお菓子を売っている本店で車を止めてくれと言われ、うっかり通り過ぎてしまい、女房はご機嫌斜め。
御荘に近い須の川の「ゆらり内海」の塩風呂を兼ね備えたサウナにはいるために途中下車をした。入浴料は1人400円。お風呂に入っていると程良い疲れで眠くなってきた。1時間ほどして出てくると、女房は早めに出て30分2000円でマッサージを受けて疲れがほぐれて気分が良いと調子がよい。
ここを出て20分のほどで御荘店に着き、サツマイモと女房のおみやげを届け、更にこちらで畑を世話していただいたF店長とF店長の奥さんのお母さん、および畑をかりているNさんにおみやげをとどけやっと自宅にたどりつく。
翌日の30日は大月町のコスモス園にいく。ここは海の近くの休耕田にコスモスを植えたもので甲子園の数倍の広大な敷地に白、ピンク、真紅の洪水でズーッと遠くまで咲き誇りまるで川の流れのようである。山の上は海の風を受けて何台もの風力発電用の大型風車が勢いよく回っている。
cos30.jpg

fuusya1030.jpg
cos20.jpg
大月町で目の保養をさせてもらい、帰る途中、急におなかの虫が騒ぎ出した。都合良く以前一度来た宿毛に向かって海側のサニーサイドパークに立ち寄った。ここに、活魚料理を食べさせてくれる「勝丸」という店がある。ここに飛び込み、女房はウニ丼、私は刺身定食を頼んだ。15cmほどの大きな「バフンウニ」を5つほど水槽から取り出し、その場で料理をしてくれる。丼からあふれんばかりのウニの大きさと多さで圧倒されてしまい、さすがのウニ好きな女房もちょっとたべてくれという。1つの大きさで今まで食べたウニの倍はあろうかと思われる大きさでびっくりした。刺身の鯛も水槽から取り出す際、バシャッ跳ね、他のお客にしぶきがかかり、従業員が謝っていた。刺身定食もさすがに新鮮でこりこりした良い味で満足した。満足度からするとウニ丼1500円、刺身定食900円は非常に安く感じた。
夜、女房と御荘店のHさんに紹介してもらった居酒屋Sへ15分ほど歩いて行く。やっとたどり着くと今日は土曜日で満席という。どれくらい待てばよいかというと閉店まで満席だという。残念だが、逆に言うとそれだけはやるのだから人気のある店だと悟り、即刻、明日、午後6時30分で予約を入れる。帰りに小僧寿しで晩飯を買う。
31日は女房が御荘滞在最後の3日目である。
朝から畑へ行く。津島で買ったタマネギの苗200本を植えるために、まず黒いマルチシートを敷き穴をあけて苗を植えるのだが2畝にマルチを敷き終わり、さあー穴をあけようと言う段取りのところで雨が降り出した。雨を避けて車に避難し、しばらく様子をうかがったがやみそうもないのであきらめて家に帰る。
帰りに私が勤める店に寄り、女房がこよなく愛する元宝塚トップスター「安蘭けい」を同じく御荘店のYさんも好きだと言うことを知り、OKAZさんに会い、一時話がしたいというので相手の迷惑をものともせず会いに行く。Yさんはきっと目を白黒させたことだろう、別れ際にパンフレットを渡していた。さぞかし、彼女にとっては迷惑な時間であったに違いない。
家に帰ると、F店長が出勤前に女房へおみやげだと行ってご丁寧にとどけてくれる。てんやわんやのお菓子がはいっており、昨日、女房が津島の本店で買いたいといって私がそこを通り過ぎてしまい腹を立てていたので何よりなものをいただいて異常な喜びようである。私も女房のご機嫌がなおり大助かりである。
お昼には御荘店のF女さんから紹介してもらった深浦漁港のなかにあるI食堂に行く。しかし、あいにく、数日前からの台風で海が荒れていたので、漁船が出航できず新鮮な魚がないという。
刺身は出せないがタタキならできるとのことで、私はタタキ、女房は焼きそばを頼んだ。食後、漁港の中を見たがタンクの中に数cmの稚魚が動いている他は、何もなかった。ちょうどそのとき漁船が1隻帰ってきて大きなポリタンクを下ろし、小さなサメをつまみ出していた。
夜はHさんにご紹介いただいた居酒屋「S」へ行った。昨夜はせっかく行ったのに満席だった。まず女房を車で送り、家に引き返し、自転車で再度、店へ向かった。着いたときにはまだ注文もとりにきてないという。ベルで呼ぶとすぐきたので数種類の料理とお酒を頼む。15分ほどたってからやっとつきだしと酒だけ持ってきた。料理がいくら立っても出てこないので再度,別のモノを注文する。やはり、注文はすぐとりにくるが一向に料理がでてこない。やっと出てきた料理も味はもうひとつで、もう、二度と行く気はしない。どうして流行っているのか私にはわからない。
翌日の宿毛発午前9時すぎの列車で滋賀へ女房が帰るので車で送っていき、引き返し、その足で会社に出勤する。




スポンサーサイト

女房の富士山眺望旅行

4月末から5月8日まで滋賀に帰省した息子のKEが連休明けからテルモの新富士の会社に新たに勤務するために近くのマンションを借りたので、富士山が見えるとのことで赴任先に戻るとき、私は愛媛にいるのでいけないので、女房が一緒についていった。行きは息子の車でいき、帰りは翌日の朝の新幹線で戻る予定で出発した。
8日の朝、快晴でマンションの階段の所から富士山が綺麗に見えたとのこと。また、息子の車でしばらく走って綺麗に見えるところまでドライブしたとのこと。昔、女房と2人で行ったときにも綺麗に見えたが、今回はまだ残雪があり、足を運んだ甲斐があったと、喜んでいた。帰りは新幹線のひかりが止まらないので、新富士から米原までこだまで2時間、そこから草津まで新快速で20分で戻ったとのこと。草津にはもう一人の息子のKOに日曜なのでむかえにきてもらったとのこと。ご苦労様でした。

2009/10/12女房来訪(十夜ヶ橋大師堂参り)

おとといから、女房が大洲に来ており、昨日、スーパーへ行った帰りに、その昔、弘法大師がここを通りかかったとき、泊まる場所が無く、この十夜ケ橋(とよがはし)の橋の下で野宿されたと説明した。

今朝になって、滋賀に帰る前に、ここをお参りしたいというので同行した。永徳寺境内につぎのような説明の看板が建っていた。

昔、弘法大師が行脚のおり、この辺りにさしかかった時、日が暮れてしまい、泊まるところもなく空腹のまま小川に架けた土橋の下で野宿をされました。その折に、一夜限りとはいえ夜明けまでの時間が十夜の長さに感じられ「行きなやむ 浮世の人を渡さずば 一夜も十夜の橋と思ほゆ」と詠ったことから十夜ヶ橋と名がついたといわれています。
今はコンクリートの橋だが大正時代は土橋であった。その下にお地蔵が奉ってある。
<現在の橋>
hasinosita.jpg

<大正時代の橋>
大正時代


<本堂・太子堂>
左が本堂、右が大師堂
toyogahasi.jpg

これは女房がこれから、今年7月に死んだムック(ポメラニアン)の供養のために、ムックの遺影と御賽銭を探しているところです。
dc101202.jpg



高野山詣2009.9.16

2009年9月17日 高野山詣
今日は女房と朝6時30分に家を出て高野山へ行って来ました。


アクセスはJR大阪まで。ついで梅田から難波まで地下鉄御堂筋。難波から極楽橋までは南海電車。極楽橋からケーブルに乗り換え高野山に到着。
交通機関

参道専用バスの有田交通で千手院橋まで。このバスはべらぼうに高い。230円もした。
まず、金剛峯寺へおまいりし、東塔へ
高野山地図

東塔
東塔がある伽藍は、高野山開創当時、先ずこの地に諸堂が建立された地で、奥の院と共に伽藍は高野山の二大聖地です。ここには、根本大塔、金堂の他、諸堂が集まり建立されております。
東塔は白河法皇により1127年に落慶した。天保14年(1843)の大火で消失しましたが、弘法大師御入定1150年御遠忌記念事業の一つとして昭和59年両建されました。
東塔

金堂
一山の総本堂として重要な法要が営まれています。弘仁10年(819)に弘法大師が創建されましたが、幾度も消失し、現在の堂は7度目で昭和7年に再建されたものです。ご本尊は薬師如来。
金堂

西塔
伽藍の北西、巨杉に囲まれるように建つ高さ27mの多宝塔です。本尊の金剛界大日如来像は重要文化財に指定されています。
西塔

この塔は少し変わっていて2階に外柱があり、ふつう漆喰が塗ってあるところにパッチワークみたいに四角形の銅板を貼り合わせている。
西塔2階

大門
高野山の入り口の門です(裏側)。
高野山の総門であり、正門です。開創当時は現在地より、やや下がった九折谷に一基の鳥居が有り、1688年に消失し、現在の建物は、宝永2年(1705)に再建されました。両脇の金剛力士は江戸時代の仏師康意(阿形像)、運長(吽形像)の作によるものです。建物の高さが25.1m有り晴れた日には遠く淡路島が展望出来るそうですが、私たちは見えませんでした。

裏大門
裏大門
正面大門
表大門



このあと、願いを1つだけかなえてくれるという「お助け地蔵」をお参り後、金堂前まで歩いて戻り、そこからタクシーで山の裏側から奥の院へタクシーで行く。1400円でした。
奥の院へお参り後、その後、長い境内を下り、奥の院前からバスで高野山駅までもどり帰途につく。バス代はベラボーにも1人400円もとられた。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。