プロフィール

mukku12

Author:mukku12
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山詣2009.9.16

2009年9月17日 高野山詣
今日は女房と朝6時30分に家を出て高野山へ行って来ました。


アクセスはJR大阪まで。ついで梅田から難波まで地下鉄御堂筋。難波から極楽橋までは南海電車。極楽橋からケーブルに乗り換え高野山に到着。
交通機関

参道専用バスの有田交通で千手院橋まで。このバスはべらぼうに高い。230円もした。
まず、金剛峯寺へおまいりし、東塔へ
高野山地図

東塔
東塔がある伽藍は、高野山開創当時、先ずこの地に諸堂が建立された地で、奥の院と共に伽藍は高野山の二大聖地です。ここには、根本大塔、金堂の他、諸堂が集まり建立されております。
東塔は白河法皇により1127年に落慶した。天保14年(1843)の大火で消失しましたが、弘法大師御入定1150年御遠忌記念事業の一つとして昭和59年両建されました。
東塔

金堂
一山の総本堂として重要な法要が営まれています。弘仁10年(819)に弘法大師が創建されましたが、幾度も消失し、現在の堂は7度目で昭和7年に再建されたものです。ご本尊は薬師如来。
金堂

西塔
伽藍の北西、巨杉に囲まれるように建つ高さ27mの多宝塔です。本尊の金剛界大日如来像は重要文化財に指定されています。
西塔

この塔は少し変わっていて2階に外柱があり、ふつう漆喰が塗ってあるところにパッチワークみたいに四角形の銅板を貼り合わせている。
西塔2階

大門
高野山の入り口の門です(裏側)。
高野山の総門であり、正門です。開創当時は現在地より、やや下がった九折谷に一基の鳥居が有り、1688年に消失し、現在の建物は、宝永2年(1705)に再建されました。両脇の金剛力士は江戸時代の仏師康意(阿形像)、運長(吽形像)の作によるものです。建物の高さが25.1m有り晴れた日には遠く淡路島が展望出来るそうですが、私たちは見えませんでした。

裏大門
裏大門
正面大門
表大門



このあと、願いを1つだけかなえてくれるという「お助け地蔵」をお参り後、金堂前まで歩いて戻り、そこからタクシーで山の裏側から奥の院へタクシーで行く。1400円でした。
奥の院へお参り後、その後、長い境内を下り、奥の院前からバスで高野山駅までもどり帰途につく。バス代はベラボーにも1人400円もとられた。
スポンサーサイト

臥龍の湯2009.9.20

臥龍の湯に浸かってきました。8月31日までは家の近くのオズの湯を長年、利用してました。65歳以上は割引があり、近くて安くて、オズメッセが前にあるので買い物ができ非常に便利でした。しかし閉店になりました。長年お世話になりました。その結果、新しいだけが取り柄で、遠くて、高い臥龍の湯を利用せざるを得なくなりました。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。