プロフィール

mukku12

Author:mukku12
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/26帰省

今度、御荘へ転勤するので東大洲から滋賀へ帰る最後の帰省です。出発時、雨が降っていたのでJR伊予大洲駅近くのヴァリュウスーパーの斜め向いにある宇和島バス停留所までタクシーで行った。安全タクシーで\630と安かったた。私のいつもの指定席は8Cであるが、その後ろにお客が居たので、8Bとその後ろの9Bが空いていたので、8Cに移動しリクライニングシートを完全に倒し横になった。夕食にアルコールが入っているのでバスの心地よい振動も相まって、いつものごとく爆睡し、目が覚めたら三宮近くであった。30分ほど遅れていたので、いつもはまだ先の梅田で降りるのだが、手前の三宮で急遽、下車することにした。草津まで大阪で乗るより\500円ほど高かった。三宮から鈍行で大阪駅に行き、いつも乗る大阪始発の快速電車がすでにホームに待っていて、これに乗っていつも通りの時間に帰宅した。家の前で女房がちょうどナナをつれて散歩から帰ってきたところで、ナナはちょっとこっちをみてなんの注意もせず無視して行こうとしたのでナナの名前を呼ぶとやっと私を認識できた様子でなつかしそうに体全体で喜びを表しながら寄ってきた。もしかしたら白内障がかなり進んで見えにくくなっているのかもしれない。
さて、今回の帰省の目的は5年に一度の免許証の改訂のために戻ってきた。女房はゴールドカードで私のはグリーンである。これにはわけがある。Eのボケ警察官のために一旦停止違反として処理されたためである。今思い返しても腹が煮えくりかえるが、ある暑い夏のことで、何の危険性のない農道十字路でいつものようにこそどろのごとく隠れているのは知っていた。クーラーを利かした公用車のパトカーのなかで獲物を捕まえる鷹のごとくバカのひとつおぼえのごとく見張っている。税金で働かせてもらっている認識がまったくない。ドライバーに注意を促すなら、冷房が利いたパトカーの中でみはるのではなく、パトカーから出て路頭にたって注意をうながすのが先決で、違反切符を切ることを目的にして規則をはき違えているバカが多い。そのときは十字路の手前で減速し、一時止まり左折したところサイレンを鳴らし、パトカーから40代と50代後半のポリコが出てきた。こちらが一時止まったことを主張しても耳を貸さない。本来なら十字路に立って注意することが先決で、涼しいパトカーの中で獲物をねらい違反切符をきることを目的にしている、関西の警官はこんなばかげたことをしないと強く主張すると、図星なところをつかれて頭にきたのか切符を切らされた。E警察は以前も領収書を偽造したりして問題になっているところで一人一人の警察官の教育も見直すべきと思われる。こんなわけで品性の疑われる警官によってグリーンの免許証となった訳です。それ以来、一旦停止の理由がわからない警官のために止まった後、表示のあるところでは、口に出して1,2,3と3秒ほど止まることにしている。
さて、27日の日曜日に息子のKOの運転で女房とともに免許の書き換えに出かけた。これまでとは違い4けたの暗証番号を2つ入力し出てきた用紙をもって窓口に行きお金を払い交通安全協会への寄付(¥1500)を促されたが即答で丁重におことわりした。無駄なお金を払わされることが多い。そのほか袋に入れた印刷物数点をわたされたがこれも支払ったお金の5割以上を占めていると思うが、ビデオで説明しているいるので必要ない。帰宅後読めと言うがほとんどの人はその場で捨てて帰るかもって帰っても読む人はまず居ない。窓口で無理矢理買わせず、必要な人に限って売ればよいと思う。
今度の改訂時に本籍が免許証に表示されないこと、暗証番号が導入され偽造がされにくくなったこと、中型8トンまでの運転可能が表示されたこと。従って8トン以上の運転には別に免許は必要となる。酒気帯び運転の罰則が倍以上になったこと。酒気帯びは二日酔いでも引っかかるので注意が必要。私の次の改訂時は72歳になっているので実技の運転が必要となる。75歳以上になると認知症の把握がためされる。
この免許書き換えの約1時間30分の間、息子に待ってもらった。帰り道、野洲の王将で私は餃子とビールを頼み食事後私だけ、野洲駅前のサウナまで送ってもらい、ここで3時間ほど過ごした。サウナに3回ほど入り、数回、板の間で横になり、眠っていた時間がかなり長い。帰りは野洲駅から草津までJRで帰った。雨も降ってないの歩いて帰宅した。
スポンサーサイト

御荘でのマンション探し

7月末日に御荘へ転勤するのでその下見に昨日から今日にかけて東大洲から泊まりがけで行って来た。予め業者の方と昨日午前10時にSの駐車場で待ち合わせることにした。ちょっと着くのが早すぎるかもしれないが雨なので早めに午前7時に出発した。途中、宇和では前が見えないくらい土砂降りとなったが幸い御荘に着く頃には雨も上がり、晴れ間も見えてきた。80km、約2時間かかり9時過ぎには到着した。近くのジョイフルでモーニングをすませ、sの店長に挨拶をし、マンションを見てくる間、車を駐車することの了解を得た。業者のMさんに4カ所ほど案内してもらったが、会社に近いマンションにすることにした。予め、畑も業者の方に探して置いてもらったが、これはマンションの入居と抱き合わせだった。このマンションは進入路が狭くお断りしたので畑もだめと言うことになった。この間、役場の方にメールを出して探してもらうようおねがいしていたので日曜日で役所も休みなのでこちらで泊まり、月曜日に役所へ行くことにした。泊まりは一本松のあけぼの荘で予約した。そのとき12時で、チェックインは3時というので、以前勤務していた中村に行きさらに古津賀に行き顔見知りの店長とOさんに久しぶりにお会いでき懐かしかった。Oさんは来年定年でお孫さんも4人もいるという。みなさん元気で何よりだ。御荘までなら80kmなのに、さらに遠出したために1日の走行距離は180kmであった。
翌日、御荘役場の農林課で借りられる畑を調べてもらったが適当なところが残念ながら見あたらなかった。まだ時間があるので、じっくり探すことにした。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。