プロフィール

mukku12

Author:mukku12
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/12女房来訪(十夜ヶ橋大師堂参り)

おとといから、女房が大洲に来ており、昨日、スーパーへ行った帰りに、その昔、弘法大師がここを通りかかったとき、泊まる場所が無く、この十夜ケ橋(とよがはし)の橋の下で野宿されたと説明した。

今朝になって、滋賀に帰る前に、ここをお参りしたいというので同行した。永徳寺境内につぎのような説明の看板が建っていた。

昔、弘法大師が行脚のおり、この辺りにさしかかった時、日が暮れてしまい、泊まるところもなく空腹のまま小川に架けた土橋の下で野宿をされました。その折に、一夜限りとはいえ夜明けまでの時間が十夜の長さに感じられ「行きなやむ 浮世の人を渡さずば 一夜も十夜の橋と思ほゆ」と詠ったことから十夜ヶ橋と名がついたといわれています。
今はコンクリートの橋だが大正時代は土橋であった。その下にお地蔵が奉ってある。
<現在の橋>
hasinosita.jpg

<大正時代の橋>
大正時代


<本堂・太子堂>
左が本堂、右が大師堂
toyogahasi.jpg

これは女房がこれから、今年7月に死んだムック(ポメラニアン)の供養のために、ムックの遺影と御賽銭を探しているところです。
dc101202.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryokou66.blog83.fc2.com/tb.php/4-53829ef9

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。