プロフィール

mukku12

Author:mukku12
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月22日(月)快晴 日記

今日も快晴。女房が8時になっても起きてこないので例によってモーニングへ。中村哲の「医者井戸を掘る」の単行本をもって出る。中村さんは九大医学部をでて長年アフガニスタンで活躍してきた人です。タリバンや反タリバンからも支持されている人で紛争地域にいて地に着いた活動をされているので命を狙われることもないのであろう。
地元住民が長年続く干ばつで食べるものや水を必要としているのに日本や欧米の巨額の資金は箱モノや 高級官僚や警察の給料や賄賂に消えているようで、中村さんたちは国家の支援金は一銭ももらってないとのことである。医者でありながら医療以外に灌漑用水や飲み水確保のための井戸掘りにアフガンの全国各地に日夜かけめぐられてるとのことである。とりわけ憲法9条にも触れられ日本が自衛隊があっても国外に派遣せず、金だけを支援していらことがアフガンで唯一、日本の立場を有利にしていたとのこと。しかし、私見であるが最近安倍首相は自衛隊の軍隊化、海外派遣、まだ言葉にはしてないが国民の徴兵制まで考えているのではないかと疑うばかりである。
帰宅後、R市が税金が高くO市に転入手続きをしたがまだ年金、企業年金、自動車税など住所変更に伴う変更手続きを行い今日をもって完了した。住民税は今年1月は高知県四万十市に住んでいたので来年3月までは四万十市に支払うが来年4月からはO市に支払うことになる。外出したついでにyahoo mobileに立ち寄り携帯の電話帳が消えたのを若い女の子に見てもらい復活でき感謝反撃。

12月21日(日) 日記

今日は快晴。女房の両親に会うために久しぶりに宇治へ向かう。途中、ガソリンを給油。最近はかなりやすくなって1Lあたり142円である。満タン入れて14L,今まで296km走っているので21km/Lとわがアクアはひところよりは燃費が落ちたがまあまよく走る方だ。ついで、京滋バイパス沿いの業務スーパーによって持っていく食料品などを買い込む。さらにわが畑に寄って大根、白菜、水菜をとり京滋バイパスに石山からETCで乗り入れ宇治東で降りる。母親は数年間糖尿病を患い、ほとんど寝たきりの生活でヘルパーさんや弟夫婦にお世話になっている。親父さんの方は痴ほう症でO病院に入っている。母親は夫婦2人一緒におれない寂しさをしきりに訴える。元気なころは親父さんの悪口ばかりいっていたのに変われば変わるものである。我々夫婦に警鐘を鳴らしているのかもしれない。耳が遠いのでなかなか話が通じないのがもどかしそうである。昨日も孫が来て元気に歌を歌ったってくれるのだが聞こえなかったとのこと。歯がないのだが母親の話す言葉は案外よく聞き取れる。話が一方通行なのは避けられなし。頭はしっかりしているので自分から話す分には支障はない。ひとしきり近況を報告しあったところにいつも訪問していただいているヘルパーさんが日曜にもかかわらず来てくれたので潮時と思い親父さんの病院へ向かうことにした。その病院は黄檗にあり、6階のフロアーは認知症ばかりのかたでそこに入るにはインターホンで看護師に連絡して開けてもらう。そうしないと患者が徘徊して外に出られると困るからである。部屋に入るとまーうるさいこと。クリスマスに近いこともあり、クリスマスソングを最近習ったのか、歌詞はないがリズムを大声で数人が絶え間なく歌っている。浪曲調やうなり節など耳栓がほしいほどである。父親は何をするでもなく、もの静かに車いすに座っていた。我々がだれか全く気が付いてくれない。また話す言葉が歯が1本もないので聞き取りにくい。このようになる前は虫歯など1本もないきれいな歯並びだったのにえらい変わりようである。指を怪我して包帯を巻いていた。女房のことを幼友達と間違え小さい頃一緒に遊んだなと言っている。女房はただ笑っている。私のことなどいわんやおや!である。母親が会いに来れないので携帯で写真を写し、次回母親に会うときに見せてやろうと思い数枚撮る。2〜30分いて病院を後にした。帰る途中、お昼を食べてないので、すきやの牛丼を私は並、女房はミニを食べ、息子に持ち帰りを1つ頼む。帰り道を間違えたがどこにも寄らず30分ぐらい約30kmで家に着いた。

12月20日 日記

朝から雨。
思い立って図書館へ行く。
24歳の娘さんが乳がんに侵され、骨や肺に転移し余命1か月を宣告され彼氏に迷惑がかかるといけないので自分ひとりだけのウエディングドレスを着たいという望みを周りの人が1週間先の病状がわからない状態で、結婚式を設定する。ここに至るいきさつをTBSのクルーが追い続ける様子など涙なしには読めなかった。また、この子のお父さんは健在で毎日のように片道2時間以上かけて東京の病院へ見舞い、彼氏も病院に寝泊まりし、彼女を励まし続けたことなど非常に感銘を受けた。この娘さんのお母さんも彼女が小学生の折、子宮がんで死亡されており、お父さんにとっては家族3人から独りぼっちになってしまわれかわいそうでならない。
この本を一気に読み切り、健康に71歳まで過ごせる自分に健康とはどれほどありがたおいものか改めて知るとともに、またこのような強い体力をいただいた先祖にも感謝せざるを得ない。
夕方、畑を借りているI君から親戚の方が倉庫のカギが壊れたとの連絡があった。

12月19日 日記

今日は朝からコーナンことハズイへ行く。50cm四方の床に敷くものを20枚買う.居間と炊事場の床を寒さから防ぐために買った。色はワインカラーとした。1枚が270円のところ今日は190円と若干安かった。帰宅途中に草津市立図書館により借りていたステンドグラス用の本3冊を返却した。帰宅後炊事場から貼り始めてほとんどがここで使い切り、居間までは貼ることができなかった。犬が夜寒がるので居間の方もと思ったが買い足さないとできないことがわかった。その後、来年の確定申告時に必要な書類を税務署に問い合わせた。それによると
1.今年1月から12月までの給与の源泉徴収票
2.今年の年金の源泉徴収票(これは来年1月届くらしい)
3.今年おさめた介護保険料、国保保険料
4.生命保険料
5.今年支払った医療費の領収書
勤めていたSドラッグとM薬局に送ってもらうよう電話する。また、O市に私だけが転出したが女房はR市に残るが生計は2人一緒なのでO市の税金や国保税の請求書はR市に送るよう電話で依頼する。そのあと、きのうステンドグラス教室で図案は広告などの裏面を利用して描くのではなく方眼紙に書くよう求められたのでこれを買うために外出した。
玄関の外灯用の夜、自動点灯する器具が昨日届いたのでその工事をした。予定どうり完了し、夜になるとうまく自動点灯した。

12月18日 日記


京都のステンドグラス教室の見学のためにK君と京都駅で待ち合わす。よりによって今日は朝から雪で道路も凍っており電車も10分以上幟もくだりも遅れていた。京都駅に余裕をもってついたがK君も早めに来てくれたので地下鉄は烏丸四条で降り、京都リビング新聞社に徒歩で向かう。あいにく雪が吹雪状態であったが予定より10分早く目的地に到着した。すでに先生も生徒さんも合わせて10人くらい集まっていた。この教室の先生はかなりの実力者で今まで大阪の教室で何を習っていたのかとかなりの部分を否定的に批判された。最初からこの先生に習っておけばよかったと悔やむ。来年15日から月2回計6回、3か月が1クールでさっそく申し込んだ。帰りにK君とうまい餃子とビールで数時間楽しい時間を持った。
家に帰ると女房が今日は定期的な病院通院日で糖尿病が悪化しHbA1cが8とかなり悪化し来年入院を言い渡されたとのことでショックがかくせない。

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。